< | >

Microsoft Office Picture Manager
  • (2023-01-27 16:30:44)

「フォト」不要


Win10についている「フォト」というソフトは全然好みでない。

画像ファイルをダブルクリックして、これが自動的に立ち上げると気が滅入る。

Microsoft社としては「画像関連はこれを使ってくれ」という話なんだろうけど「フォト」は不要である。


「Picture Manager」


以前、Microsoft Officeをインストすれば付属の「Microsoft Office Picture Manager」がインストされ、画像ファイルのダブルクリックでこれが自動起動していた。

「フォト」と同じくあまりできることはないが、私はビューアとして気に入っていた。また自動色調補正は気が利いていた。

Picture Managerはフォトと違ってネットやクラウドに誘導をするお節介もなく、軽くてサクサク気持ちのよいソフトだった。


今でもダウンロード可能だが・・


しかし、Picture Managerは「Office 2013」以降搭載されなくなったようだ。しかしダウンロードは可能。

https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=16573

ダウンロードのファイル名はPicture Managerでなく、なぜか「SharePoint Designer 2010」。

Picture Managerは、SharePoint Designer 2010の中の一つのアプリなんだろう・・SharePoint Designerが何のソフトか不明だが、興味ないので削除したらPicture Managerまで消えた、ここが難点である。

Officeがあるのなら、これを入れた方が早い。


「Picture Manager」=「ois.exe」


Officeをインストすると「ois.exe」をファイル名でofficeフォルダに入れられているので、jpgやpng拡張子とプログラムの関連づけを行う。

(なんで「ois」なのかな?・・ 「ois」は何の略?)

デフォルトでは「フォト」に持って行かれるので。

(1) .jpg .png .gif画像ファイルを右クリックして、

(2)「プログラムから開く」 → 「別のプログラムを確認」で「ois.exe」を探す

※ Win10の設定画面「既定のアプリ」からやるとアプリ候補に「ois.exe」はでない、仕方ないので「Microsoft Store」に行くが、当然ないのでここでデッドロックするが、いろいろやっているうちになぜか関連づけはできた。



<< 重要ファイルの保管方法< | >M.2 SSD を使ってみた (そんなに速くなかった) >>
search
layout
admin

[▲page top]